深型本棚

売れ筋ランキング

ITEM RANKING

タイプから選ぶ

深型本棚 高さ180深型本棚 高さ180 扉付き
深型本棚 天井つっぱり深型本棚 天井まで 扉付き

その他カテゴリー

スライド本棚ディスプレイラック
文庫本ラック本棚付きデスク
薄型本棚隙間本棚
押入れ本棚回転本棚
OUTLET ITEM

深型本棚商品一覧

目次

深型本棚とは

本棚の種類にも色々とあり、奥行きで分けると「浅型」と「深型」に大別できます。薄型は文字通り20センチぐらいまでの薄いタイプで漫画本や文庫本の収納に最適です。深型本棚とは、奥行きが約30センチ程度あり、特にa4サイズの書類の整理などに適しています。会社で資料するa4サイズの本は奥行き21センチで高さが29.7センチが一般的なサイズです。雑誌のサイズもおおむね21センチ程度の奥行きになりa4サイズ対応としては奥行き25センチ程度は確保したいものです。

本棚の深さはどこ??

本棚の深さを測るには本棚の側板のサイズを測るのではなく、棚板の奥行きを測ることをおすすめいたします。本棚の外側のサイズとは少し小さく作られているのが棚板の奥行です、本を収納するときの深さはこの棚板の奥行きに左右されます。深い本棚のデメリットは大型本ばかりの収納であれば問題ないのですが、コミックなどを併用して収納する時にはa4タイプの深型の本棚では少し奥行きがありすぎて不便になることもあります。

深型本棚とa4サイズの関係

本棚を探すときにまず確認したいのが本棚の奥行きです。
事務所などで多く使われるa4サイズのファイルを収納するのに便利なのはやはり深型本棚しかありません。
a4サイズのファイルを収納するためには奥行きがどうしても25センチ程度必要になります。
したがってそのサイズは深型の本棚ということになります。

深型の本棚をお探しの時には当サイトの深型本棚のカテゴリーが最も商品が充実しています。
特に扉付きの深型本棚はリビングでも事務所でも重宝される本棚です。

深型本棚はa4ファイルを何段整理可能か??

a4ファイルのサイズは幅210ミリ、高さ297ミリになります。
したがって約33センチの高さが1段の高さになります。
当社の1センチピッチの中間固定だな無しであれば、a4ファイルがちょうど5段入る設計になっています。

目次